どんなことをするの? 教えて!秋田の結納

 結納は、結婚を約束したおふたりとそれぞれの家族が最初に迎えるセレモニー。その起源は大和時代と大変古く、「嫁ぐ側への感謝と誠意」という日本らしい気配りを根底に、現代まで絶えることなく受け継がれてきた文化です。  古くから婚約の形とされてきた結納ですが、最近は簡略化して食事会で済ませるケースも少なくないとか。理由として予算の都合や堅苦しいからという声も聞かれるようです。これから結婚を考える皆さん、結納の形式や本来の意味を理解して、「結納」の儀式をしてみませんか。

結納ってなに?

「結納」は感謝と誠意の表れ

 結納は、結婚を約束したおふたりとそれぞれの家族が最初に迎えるセレモニー。その起源は大和時代と大変古く、「嫁ぐ側への感謝と誠意」という日本らしい気配りを根底に、現代まで絶えることなく受け継がれてきた文化です。  古くから婚約の形とされてきた結納ですが、最近は簡略化して食事会で済ませるケースも少なくないとか。理由として予算の都合や堅苦しいからという声も聞かれるようです。これから結婚を考える皆さん、結納の形式や本来の意味を理解して、「結納」の儀式をしてみませんか。

正式な婚約で家族も安心

 入学式、卒業式、成人式など、人生の節目にはさまざまな儀式が存在します。結納とは、言ってみれば婚約式のこと。お互いの両親の前で結婚の約束を誓い、周囲に正式に認めてもらうためのけじめの場です。結納を交わすことで結婚は確信となり、当人同士はもちろんのこと、家族の安心にも繋がるのです。  昔は結婚式よりも結納の方が重大な儀式とされたと言いますから、その重要さがうかがえます。

どんな準備が必要なの?

日時を決めよう

 時期としては結婚式の3〜6カ月前ぐらいが一般的で、秋田県では3カ月前が最も多いそうです。最近は日柄にこだわらない人も増えていますが、吉日を選んでおけば気持ち的にも安心できるでしょう。

仲人の有無を決めよう

 本来仲人とは、縁談から結婚式に至るまで、両家の間をとりまとめる役割を担っていました。しかし現在は、結納や結婚式の当日だけ世話をする「頼まれ仲人」や、仲人そのものを立てないスタイルがほとんどです。地域や家のしきたりに則るのもひとつです。

◆結納のスタイル

「本式結納」…仲人が両家の間を行き来して行う
「現代式結納」…仲人を立てずに自宅や料亭、ホテル、結婚式場、レストランなどで行う

結納の場所を決めよう

 結納を行う会場は、両家どちらかの自宅、あるいは料亭やホテル、レストラン、結婚式場などがあります。
 料亭やホテルや結婚式場では結納プランを用意しているところも多く、結納品の手配など全てお任せできるので便利。会場によっては結納の進行役も依頼できるので、相談してみましょう。

その他にやるべきこと

 結納が決まったら、結納品(左ページ参照)の手配、婚約指輪や時計などの婚約記念品の用意も忘れずに。
 また、どこの会場で行うにしても、食事代の支払いの割合は事前に決めておく方が無難です。

 迎える側が用意する結納品の金額は、品物により2万〜10万円程度と幅がありますが、秋田県での平均は3万〜4万円ほど。
 婚約記念品は、女性には婚約指輪、男性には腕時計やスーツなどが多いようです。男性(迎える側)への婚約記念品の相場金額は、結納金の1〜2割と言われます。
 さらにここに結納金(御帯料、御袴料)が加わります。秋田県では100万円というのが多いようですが、地域や世帯によりさまざまなため、結納金に関しては最初から両家で相談することをおすすめします。
 ひと昔は、嫁ぐ側(一般的には新婦側)は結納返しがありましたが、現代ではほとんどなく、全体の2~3割程度だそう。
 また、最初から半返し分を引いた金額を納める地域もありますが、こちらはさらに少数派です。

結納品には決まりがあるの?

品物は奇数になるように

 結納に付きものの、たくさんの結納品。そのひと品ひと品にさまざまな意味が込められた縁起物です。9品目を基本とし、7品目・5品目・3品目と奇数の品を贈ります。これは、偶数は割り切れるため「わかれる」を連想させることから。結納品はセットで購入できますが、自分たちで品物を追加したり外したりと選ぶことも可能です。

地域によって違うことも

 基本的な品物は変わりませんが、結納品の並べ方は地域によって異なります。秋田では1〜2枚のお盆を使い、右端に目録を据えて、左に向けて順番に並べます。しかし関西ではひと品につきお盆が1枚という形式なので、婚姻相手が県外出身の場合は相手側に合わせることも必要になります。お互いの両親を含め、事前に相談するようにしましょう。

❶目録(もくろく)

結納品の内容を記したもの

❷長熨斗(ながのし)

あわびを伸ばした干物。「末永く」「長寿」との願いが込められる

❸金宝包(きんぽうづつみ)

結納金。男性側からは御帯料、女性側からは御袴料として納める

❹家内喜多留(やなぎだる)

当日の飲食代。迎える側の負担分を奇数の額にして納める

❺寿留女(するめ)

日持ちすることから「幾久しく」との願いが込められる

❻子生婦(こんぶ)

「よろこぶ」=「子宝に恵まれるように」との意味を持つ

❼友白髪(ともしらが)

共に白髪になっても仲睦まじく、添い遂げられるようにとの願いが込められる

❽勝男節(かつおぶし)

昔、武士の出陣に贈られたことから、男性の力強さを表す

❾末恵広(すえひろ)

一家が末広がりに繁栄するようにとの願いが込められる

結納はしたいけど、もっとカジュアルに済ませたいという人には、このような「婚約証書」がついた洋風の結納セットも。家族の前で署名すれば、立派な婚約式になります。シーンに合わせて選んでみては。

いざ結納、どうやって進めればいいの?

真心を込めれば大丈夫!

 仲人を立てない結納では、両家で全てを進行しなければなりません。挨拶や口上は要所のみ押さえればよいので、真心を込めて執り行いましょう。ただし、縁起の悪い言葉には気をつけて。「重ね重ね」「切る」「戻る」などの忌み言葉はNGです。  料亭やホテル、結婚式場で進行役がいる場合は、会場によって違いがあるので、お任せして指示に従います。

◆結納の進行例※仲人なし、女性が男性に嫁ぐ場合

品物の受け渡し時には、「幾久しくお納めください」「幾久しくお受けします」と述べるのを忘れずに

「結納」は未来を共に生きる約束

 私も約30年前に結納をいたしました。その頃は家同士のけじめとして、当たり前にその儀式の日はやってきました。大館市にある私の家に、秋田市から主人とご両親が来てくださり、それはそれは一大事で、お部屋の畳を全て取り替え、仕出し屋さんと料理の打ち合わせをしたり…。
 家と家の結びつきを正式に交わす結納は「未来を共に生きる約束」で「ご両家の結びつきにお互いが責任を持つ」心の節目。少々お金がかかっても大切なことだと思います。お互いに思いやる気持ちが生まれ、その日を境にしてご両家の時間の育み方が変わるのではないかと感じております。
 お顔会わせ、結納は若いおふたりにとって大切な儀式になります。今は自分中心なご時世と感じている方も多いと思います。だからこそ、こうした儀式をきちんと行うことで周りを思いやる気持ちが育まれるはずです。もちろんご結婚するおふたりの意思があってこそ。ご検討してみていただければと心より願っております。

結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ