愛に国境はありません! HAPPY♥国際結婚

グローバル化が進み、国際結婚が身近に感じられるようになりました。しかしながら、時には言語や文化の違いなど、お互いの歩み寄りが必要な壁も多いはず。今号では、そんな壁もお互い理解しながら愛を育んできたご夫婦をご紹介します。

 

<ポーランド×日本>結婚14年目 佐々木 千秋さん・タベルスキ マイケルさん〈大仙市〉

たくさんの人に会い、地域の行事に参加。お互いの「好き」を尊重し「好き」を続けること。

  

おふたりの出会いはポーランド。大仙市出身の千秋さんが働いていたYBC山形放送の姉妹局がポーランドにあり、キャリアを積んでいたときに運命の人との出会いが訪れました。当時、マイケルさんは大学生。共通の知人の紹介で出会い、卒業と同時におふたりは千秋さんの古里、大仙市で新しい生活をスタートさせました。

 「日本語は全く話せなかったし、軍資金は50万円、スーツケース一つでやって来ました」とマイケルさん。千秋さんは「自分がやりたかった仕事や経験が叶った時期でしたし、長女を実家で産みたいという思いがありました。両親は主人が外国人で驚いていましたが、娘が戻ったことの喜びが大きかったようです」と当時のことを振り返ります。

 都会育ちのマイケルさんは、新幹線の車窓がみるみるうちに東京のビル群から大自然に変わっていくと、目に見えて元気がなくなっていったといいます。そんな絶望する当時のマイケルさんを思い出して笑う千秋さんの笑顔に、思わずマイケルさんも笑い出し、おふたりの仲の良さが伝わってきました。ユーモアとバイタリティーあふれる千秋さんは古里に戻ると、翌年にはキャリアを生かし起業。2004年2月に長女を出産し、翌月には英会話教室と司会業をスタートさせ、子育ても楽しみながら好きな仕事を充実させていきました。「語学力を生かした仕事で地元に貢献できることはうれしいですし、何より家族で一緒に過ごせる時間がたくさんあるのが幸せでした」と話します。

 その頃、田舎暮らしに葛藤しながらも、さまざまな仕事に挑戦したマイケルさん。「就職試験はたくさん落ちたし、横浜に働きに出たこともあった。でも、秋田が少しずつ好きになってきて、『ここに生きる』と自分が決めたら、周りの人たちが自分を相手にしてくれるようになり、世界がぐっと広がった」

 マイケルさんの転機は昨年の春。ポーランドのソーセージを日本に伝えたいと会社を設立。自社工場をオープンし8名のスタッフが在籍しています。今では自身の写真がパッケージに載った商品を多くのスーパーで見かけるようになりました。「東北のブランドとして育てたいし、地元の産業として雇用も生んでいきたい。これから先、何が来ても受け入れていこうと思っている。受け入れないことが逆にストレスになると思うから」と意気込んでいます。

 異国の地で奮闘するマイケルさんをみて千秋さんは「理屈が分からなくても人にたくさん会い、環境に順応した人です。商売人、お婿さんなど、さまざまな立場や生き方を知ることが、今の好きな仕事につながったと思います。また、夫婦はお互いの『好き』を尊重し合えるかが大切。幸せ度が高い生活かどうかが大事ですね」

 人と地域と触れ合い、お互いの「好き」を育んできたご夫婦は、結婚から14年経った今も仲良くキラキラと輝いていました。

ウエディング姿が美しい家族写真

仲良し家族の日常会話はポーランド語

マイケルさんのお父さんが遊びに来たときの1枚

 

 

 

<イラン×日本> 結婚3年目 田村 泰子さん・ラハ ヴァダディさん〈秋田市〉

どこの国かは関係ない。同じ人間という価値が大事。過去や環境を理由にしないで成長していきたい。

おふたりの出会いは今から5年前の冬、お互いの家族旅行先だったハワイでした。泰子さんは、車いすのお母さんと快適に過ごせるハワイを旅行先に選び、2人で満喫中のところに「コンニチハ」と会うたびに声を掛けてきたのがヴァダディさんだったのです。「私も含めてイラン人は日本人が大好き。テレビで〝北の国から"や〝おしん"を見て育ったので、そのイメージが強いです。私は彼女に『私はラハです』と日本語で名前を伝えて連絡先を教えてもらいました」

 帰国後ふたりはスカイプで毎日のように話すようになりました。半年後、お互いの気持ちを確かめ合い、一度会って今後の話しをすることに。そこで行動に移したのは泰子さんでした。お母さんをショートステイに1週間お願いしてイランへ出発。その時の気持ちを尋ねると「母の介護を理由に暗くなることも結婚を諦めることもなくて、ご縁があればと思っていました。イラン行きも、彼のご両親にスカイプでごあいさつしていましたので安心して向かいました。彼以外の兄弟は仕事の関係で皆アメリカ国籍というインターナショナルなご一家。彼だけがイラン国籍ということで、結婚の手続きが本当に大変でした」と話します。

 結婚を決めたおふたりの最初の試練は、国際結婚の手続きでした。イラン人との結婚は1年イランに住んでいなければならないなどの条件があるのですが、泰子さんはお母さんが車いす生活ということもあり外務省から特別な許可を経て日本で暮らすことが叶いました。その手続きが複雑で3回ほどイランを訪れたそうです。そして、2016年の春、イランの結婚証明書を秋田市役所に提出し、2017年2月にヴァダディさんが秋田へ来て新しい生活がスタートしました。おふたりとも、手続きがたくさんあって大変だったけれど、結婚は国籍ではなく同じ人間という考えが大事であり、過去や環境に縛られる人間は成長できないと話します。

 泰子さんは「ラハもアメリカ国籍だったらこんなに大変じゃなかったと思います。8人兄弟で彼だけがイラン国籍でしたから。また、ご縁を探している方は自分で枠を作らずに、出会いが世界中にあるかもしれないと思って、もっと広い目でパートナー探しを意識してほしいと思います。世界はずっと近くなっていますから」とアドバイスをくれました。

 ヴァダディさんは昨年末、知人の助けもあり水タバコやスパイシーワインが楽しめるお店で働き始めました。「自分のお店を持ったら、イラン料理も出したいし、トルコランプの教室も開催したい。そして、温泉が大好きなので秋田を満喫したい」

 夢が広がるヴァダディさん、実は日本人より奥ゆかしくて、「愛している」なんて簡単に言ったりしない硬派な男性。まるで日本男児のようなヴァダディさんを優しく見守る泰子さんの笑顔が印象的でした。

旅行に行った金沢にて記念撮影

水タバコのあるRaha’s Bar。店内にあるようなトルコランプの教室を開催するのも夢

 

 

 

披露宴の感動と笑いの演出

読者に聞いた!披露宴の感動と笑いの演出♪新郎・新婦編&ゲスト編

教えて!秋田の結納

読者に聞いた!披露宴の感動と笑いの演出♪新郎・新婦編&ゲスト編

ご当地ならでは結婚式&披露宴

秋田県ならではの結婚式の演出を読者に聞きました。

少人数のアットホーム婚がいい!

アットホーム婚を選んだカップルにお話を伺いました

「装花」で空間を演出!

今回の特集は「装花」にスポットを当てて、一つとして同じものはない「会場装花」をご紹介。

披露宴で見た!! 良かった余興 残念な余興

これから結婚式をするカップルも、余興を考えているゲストも、出席者みんなの心に残るすてきな余興となるように参考にしてみてくださいね。

結婚式ゲスト用 美のスペシャリストに聞く! おしゃれヘアスタイル

結婚式へ招待された時に考えるのは、衣裳やヘアスタイルやメイク。今号は、ヘアスタイリストが手掛ける、お呼ばれ時の「おしゃれヘアスタイル」をご紹介します。

新郎・新婦とW(ウエディング)プランナーとの すてきなWエピソード

新郎新婦とWプランナーの感動エピソードをご紹介。晴れの日に向かって共に過ごす中で絆が深まり、当日を迎えた感動はひとしおです!

保存版おしゃれゲスト大公開!

結婚式に参列していたおしゃれゲストさんたちを一挙ご紹介!

今だから言える! 結婚式のハプニング

結婚式のハプニングをブーケ読者にお聞きしたところ、驚きと共感の思い出エピソードが届きました。

愛に国境はありません! HAPPY♥国際結婚

国際結婚をして、お互い理解しながら愛を育んできたご夫婦をご紹介します。

私たち秋田県に移住しました!

秋田県に移住した先輩カップルに移住のきっかけなどお話をお聞きしました。

私たちの感動の結婚式エピソード〜特別版〜

2017年に秋田県で挙式したカップル4組の事例をご紹介いたします。

「特別な日」に大切な人と お食事したいお店は⁉

「特別な日に過ごしたいお店」をブーケ読者に伺いました!

おらほのまちのおすすめデートガイド

秋田県全25市町村の厳選デートスポットを紹介します♪

ウエディングケーキにこだわりたい !

今号では個性あふれるウエディングケーキをご紹介します!

「夫婦げんか」&「カップルけんか」仲直りのコツ

2017年7月号読者アンケートより、読者の仲直り方法をご紹介!

私はこれで決めました! ウエディングドレス&カラードレス

4名の先輩花嫁さんに、ドレス選びについて伺いました。

STYLIST MAIKO'S CHOICE 結婚披露宴・二次会・婚活での パーティースタイルCollection

秋田出身!注目のスタイリストMAIKOさんにインタビュー!

Bouquet読者アンケート発表! 私たち、コレが会場の決め手でした!

読者の皆さんに「会場の決め手」をズバリ伺いました。

読者発!こんな婚活パーティー だったら行ってみたい!

読者アンケートで、楽しそうな婚活のアイデアが集まりました!

ご両親へのごあいさつ そのタイミングで大丈夫!?

ご両親へのご挨拶は、どのタイミングで行うのがベストなのでしょう。

ブーケHAPPY川柳 第一回・第二回

ブーケHAPPY川柳~テーマ「結婚」~

籍を入れる前のカップル同居はあり?なし?

読者アンケートから、同棲のリアルな意見をお届けします。

和装で迎えたい♥残したい結婚式

おふたりの表情が凛として奥ゆかしい「和装の魅力」をお届けします。

ウエディングリポート スペシャル

2016年に秋田県で挙式したカップル3組の事例をご紹介いたします。

ブーケ Column

秋田のブライダル司会でつながるリレーコラム。

私たちのプロポーズエピソード

読者から、サプライズプロポーズのエピソードを伺いました!

「挙げて欲しい」が親の本音。 親が思う結婚式

今回は、新郎新婦のお母さまたちにお話を伺いました。

高橋優インタビュー&動画メッセージ

秋田県出身シンガーソングライター「高橋優」スペシャルインタビュー

海外リゾート婚がやっぱりしたい! vol.44

誰もが一度は憧れる♡海外ウェディングをご紹介します!

Bouquet特集


  • クチコミ

    秋田ビューホテル

    天井の高い会場に感動

  • 事例紹介

    ゲストハウス平源

    入籍のみ済ませていた森川夫妻でしたが、お互いの家族の勧めから結婚式を挙げようと決意。式では少し前に生まれた息子の陽くんを挟んで誓いのキスを。百日祝いも行ってダブルのお祝いでした。

  • クチコミ

    ゲストハウス平源

    初めての平源結婚式

結婚の準備を始める[BRIDAL INFO] 項目別に結婚情報をゲット!

  • 式場
  • ブライダルフェア
  • ジュエリー
  • ドレス・ブーケ
  • 写真・ギフト・演出
  • エステ・ヘアメイク

結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ