ブーケ Column

 

 

#23 フリーパーソナリティー 山口 靖子さん

 「あなたもハッピーウエディング!」

皆さん、メリークリスマス(少し気が早いかな)!12月は、クリスマスにプロポーズ…そして結婚、という幸せカップルが、1年で1番生まれる月かもしれません。私が結婚式の司会をさせていただくようになって、まだ10年には届きませんが、十人十色の結婚式にいつもワクワクしながら臨んでいます。

司会を始めた頃、私は裏方のチームワークにいつも感激していました。式場のスタッフは、新郎新婦の思いを形にする実動部隊として、当日は全てのチームが細かく連絡を取り合いながら分刻みで動いています。スタッフ全員が全力集中で創り上げるその姿に、今でも胸が熱くなります。私もその一員としてマイクに向かえることを、とてもうれしく思っています。

私自身は未婚ですが、この仕事をするまでは、結婚式の必要性についてはどちらでも良い派でした。でも、披露宴に立ち会ううちに気付いたのは、「こんなに多くの人が自分のために集まってくれるのは、結婚式しかない」ということ。人生最大のイベントと言われる意味がようやく分かった気がしたのです。親族や友人、お世話になった方々が祝福に駆け付けてくださるのですから、ゲスト一人一人に、これまでのお礼の気持ちを伝えることができる、素晴らしい機会だと思います。

ゲストに伴侶を紹介し、今後は夫婦としてもご支援いただくことをお願いする場でもある結婚式。おふたりの愛を確かめ合うのもいいけれど、ゲストへのおもてなしや感謝に溢れたお式はやっぱりすてきです。

違う人生を歩んできた男女が互いを認め合い、これからの人生を共にする。「結婚って、不思議だなぁ」と思います。「縁あって」という言葉、私は信じています!

近年結婚式を挙げないご夫婦が増えているそうですが、数ある出会いの中から結ばれたご縁を喜び、これからでもいかがですか?式場ごとにいろいろなプランがありますよ。改めて感謝の思いを伝え、ご夫婦の絆も深めてくださいね!ぜひあなたも、ハッピーウエディング!

 column_23

 

#22 イベント・式典・ブライダルMC 永田 佳乃子さん

「一生HAPPYでいたいなら」

私は今年の10月10日で結婚20周年を迎えました。当時は私も夫も披露宴をするつもりはなかったのですが、夫の両親からぜひにと言われ、それなら自分たちのやりたいようにやらせてもらおうということになり…まさにやりたいようにやりました!

仲人なし、ケーキ入刀の代わりに鏡開き、両家代表挨拶は乾杯の後すぐ、キャンドルサービスの代わりにテーブルごとに写真を撮るなどなど、どれも今では普通のことですが、20年前は考えられないことばかりでした。

その頃は式場が決めた次第に従って行うのが当然だったので、式場側はずいぶん戸惑ったようです。でもおかげさまで本当に楽しかったー!ゲストの方からも型にはまらない楽しい披露宴だったと喜んでもらえました。

自己満足と言えばそれまでですが、結婚式を挙げて本当によかったです。披露宴することを勧めて費用を負担してくれた両家の両親、出席してくれたゲストの皆さん、わがままを聞いてくれた式場の方には感謝しています。

ブライダルのMCをしていて思うのは、昔と比べて今の披露宴は新郎新婦の希望はほぼ叶えられるということです。いろんなサプライズもあって、皆さんよく考えつくなあと感心させられます。披露宴でやってみたいことがあれば、式場スタッフや私たち司会者にぜひ相談してみてくださいね。できるだけ叶えられるようにがんばります。

イギリスのことわざに「一カ月幸せでいたいなら結婚しなさい」という一節がありますが、私ならそれに「そして自分たちらしい披露宴を挙げなさい」と付け加えます。そうすれば一生もののHAPPYな思い出ができますよ。私も精一杯お手伝いします。

column_22

 

#21 フリーアナウンサー 宇都宮 貴子さん

「シアワセのカタチ」

DAIGOの「KSK」ではないけれど、70億分の1のキセキで人生のパートナーに出会う。結婚披露宴はそのパートナーを親しい人に紹介し、永遠の愛を誓う宴です。

気が付くと、披露宴の仕事を始めてから、35年がたちました。新婦の父が病床で書いた手紙。亡き父から披露宴に出席した皆さまへの思いを代読したときは、会場全体からすすり泣きが聞こえ、全員が新郎・新婦の幸福を祈った経験は忘れられません。

出会い、育み、実を結んだおふたりの気持ちを表現するのは、日時や場所選び、もてなす食事など個人にとっては一大イベントです。初めは乗り気でなかった新郎も「やっぱりやって良かった」というお声を頂くのが私たちの幸福です。

披露宴の打ち合わせで、新郎・新婦とお話を重ねると、どんな宴になるかが想像できます。親族の思い、どんな友人が集まるのか、同じようで同じじゃないのが、この仕事の醍醐味かもしれません。

披露宴自体、新郎・新婦の置かれている状況で、いろいろなカタチがあります。事業の後継者としてお披露目の意味合いが強いものや、家族だけで絆を深めるもの。私自身、出席者の人数は17~400人以上の披露宴と幅広く司会を務める上で、目的に合わせた宴になるよう心掛けています。

シアワセのカタチはさまざまです。パートナー選びと同じく、自分たちの理想のカタチを描いて会場選びから慎重に行いましょう。プランナーとの相性も大事なポイントです。おふたりのシアワセのカタチはおふたりらしく…。

ご縁があれば、おふたりのシアワセのカタチに寄り添い、お手伝いを致します。自分の幸福を削りっぱなしの私ですが、おふたりの良き日が、最高のカタチになるように…。

 column_21

 

#20 フリーアナウンサー 綿引 かおるさん

「幸せに携わる仕事です」

先日司会を務めた結婚披露宴。新婦側のご親戚として、私の学生時代の友人のお父さまやご親戚が出席していました。披露宴中、ご親戚が司会席にいらして、「○○(※友人の名)と結婚しませんか」と!私も友人も独身同士。「結婚していない友人同士が一緒になれば難しいことはないんですけどね」と心の叫びと冗談が混じった返事をして、披露宴もその話もおひらきとなりました!

笑い話から始めましたが(笑い飛ばしてはならない事柄かもしれませんが…)テレビ局在職時に同級生の披露宴の司会をしてから約20年。これまで660組の司会を務めました。40代の司会者としては経験は少ないのですが、一生懸命臨んでいます。

いつぞや新婦のお父さまから「いいお仕事だね」と言われたのですが、その通り、披露宴の司会は幸せな仕事です。もちろん、大切な会を滞りなく進行させるという責任の重い仕事ですし、新郎新婦やご家族、ご出席の方にいかに安心してもらえるか満足してもらえるかを意識しながらの仕事ですから、おひらきとなって家に帰るとどっと疲れが出るなどということもあります。でも、披露宴に携わると、幸せの場に一緒にいさせてもらえて、新郎新婦から幸せをわけてもらえるような気持ちになります。感情移入して一緒に笑ったり涙したり。本当に幸せな時間です。また、披露宴に、かつて他の場面で知り合った人が出席していたり、以前司会をした新郎新婦がゲストとして出席していて再会したりすると、つながりを感じてうれしくなります。結婚披露宴は、ご縁や、人と人とのつながりを感じさせてくれる場なのだと思います。これは司会者のみならず皆さんが思うことかもしれません。

冒頭記したようなサプライズな言葉を掛けてもらえるのも楽しみにしながら(!)、これからも幸せの日に携わっていきたいと思っています。たくさんの新郎新婦さまやご臨席の方々とお目にかかることができますように。

column_20

#19 フリーアナウンサー 武藤 綾子さん

「憧れの結婚式」

「ママー、今日結婚式のお仕事?いいなぁ。ついて行っていい?」ダメに決まってます!!小学2年生の娘は、去年私のいとこの披露宴で花束を渡して以来、結婚式が大好きになりました。足元にはフカフカのじゅうたんが敷かれ、天井にはキラキラ輝くシャンデリア。そしてたくさんのお花で飾られた会場には純白のドレス姿の花嫁さん…確かに結婚式は女の子にとって憧れの世界そのものですね。

私が初めて結婚式に出席したのも小学生の時のこと。当時の写真には白いブラウスに母が作ったサテンのスカートを身に着け、なぜか七五三の赤い髪飾りを頭にちょこんと載せた和洋折衷な私と妹の姿があります。あえて我が母のセンスには触れませんが、テーブルには見たことがないような豪華なお子さまランチとジュースが並び「結婚式ってなんてすてきなんだろう!」と感動したことを覚えています。

ところで、ちょっと話は変わりますが最近うれしい再会がありました。7年ほど前に披露宴の司会を担当させていただいたカップル。年の離れた新婦を温かいまなざしで見つめていた新郎が、披露宴の結びで「カレーライスの時、ニンジンの皮はむいて欲しい」と話したスピーチが印象的でした。そのおふたりに、偶然近所の児童館でお会いしたのです。あの時と変わらぬ穏やかな笑顔のご夫婦の横には、パパによく似たかわいい女の子の姿が…。新婦と披露宴の司会者という関係を越えて、今では親しいママ友です。1歳の息子の子育てに追われ最新の育児事情やグッズに疎い私に、彼女が抱っこひもの使い方や人気のスポットを教えてくれます。

幸せのお手伝いができるブライダルのお仕事、これからもどんなHAPPYな出会いが待っているのか楽しみです。

column_19

 

披露宴の感動と笑いの演出

読者に聞いた!披露宴の感動と笑いの演出♪新郎・新婦編&ゲスト編

教えて!秋田の結納

読者に聞いた!披露宴の感動と笑いの演出♪新郎・新婦編&ゲスト編

ご当地ならでは結婚式&披露宴

秋田県ならではの結婚式の演出を読者に聞きました。

少人数のアットホーム婚がいい!

アットホーム婚を選んだカップルにお話を伺いました

「特別な日」に大切な人と お食事したいお店は⁉

「特別な日に過ごしたいお店」をブーケ読者に伺いました!

おらほのまちのおすすめデートガイド

秋田県全25市町村の厳選デートスポットを紹介します♪

ウエディングケーキにこだわりたい !

今号では個性あふれるウエディングケーキをご紹介します!

「夫婦げんか」&「カップルけんか」仲直りのコツ

2017年7月号読者アンケートより読者の皆さんに仲直り方法をお聞きしました。

私はこれで決めました! ウエディングドレス&カラードレス

結婚式の中で、ドレス選びは女性にとって重要なポイント!4名の先輩花嫁さんにドレス選びについて伺いました。

STYLIST MAIKO'S CHOICE 結婚披露宴・二次会・婚活での パーティースタイルCollection

秋田出身!注目のスタイリストMAIKOさんに「パーティースタイル」のポイントを教えてもらいました! ※服や小物は全てスタイリストの私物です。

Bouquet読者アンケート発表! 私たち、コレが会場の決め手でした!

結婚式会場を決める時のポイントは人それぞれ違うはず!そこで読者の皆さんに「会場の決め手」をズバリ伺いました。

読者発!こんな婚活パーティー だったら行ってみたい!

今回は「行ってみたい婚活パーティーはこれ」をテーマに読者アンケートを実施。楽しそうな婚活のアイデアが集まりました!

ご両親へのごあいさつ そのタイミングで大丈夫!?

結婚は両家が親族となる大切な人生の節目です。その第一歩、ご両親へのごあいさつや顔合わせはどのタイミングで行うのがベストなのでしょう。ブーケアンケートで見ていきましょう。

籍を入れる前のカップル同居はあり?なし?

時代は21世紀、結婚する前に一緒に暮らすことに親世代も、カップル本人たちも抵抗がないみたい!?読者アンケートから「今」のリアルな意見をお届けします。

第1回 ブーケHAPPY川柳

読者の皆さまからご応募いただいた「ブーケHAPPY川柳」。今回のテーマは「結婚」です!

和装で迎えたい♥残したい結婚式

おふたりの表情が凛として奥ゆかしい和装が人気です。今号では、伝統的な和の装いで晴れの日を迎えた新郎新婦にご協力いただき「和装の魅力」をお届けします。

ウエディングリポート スペシャル

Bouquet4周年特別企画として、2016年に挙式をあげたカップル全12組にインタビューしました!今回はその中から3組の事例をご紹介いたします。

ブーケ Column

秋田のブライダルでつながるリレーコラム。最新記事はフリーアナウンサー綿引かおるさんに書いていただきました!

私たちのプロポーズエピソード

サプライズプロポーズを計画してから大成功に至るまでのプロポーズエピソードを伺いました。

披露宴で読まれた花嫁からの手紙 vol.46

愛情を込めて育ててきた娘が、愛するパートナーの隣で読み上げる手紙は、心に響く一生の宝物です。その中から1通のお手紙をご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

「挙げて欲しい」が親の本音。 親が思う結婚式 vol.45

今回は、新郎新婦のお母さまたちにお話を伺いました。その本音やエピソードもご紹介します!

高橋優インタビュー&動画メッセージ

本県の「あきた音楽大使」を務めるシンガー・ソングライター高橋優さんシングル「産まれた理由(わけ)」は、結婚や家族をほほ笑ましく描き、温かさを伝えるウエディングソング。曲に込めた思いや秋田への熱いエール、野外フェスへの意気込みを語ってもらった

海外リゾート婚がやっぱりしたい! vol.44

誰もが一度は憧れる♡海外ウェディングをご紹介します!

Bouquet特集


  • 事例紹介

    ゲストハウス平源

    昨夏オープンしたゲストハウス平源での、初めての挙式カップルが明平ご夫妻。挙式は「蔵チャペルという和の雰囲気をゲストにも楽しんでほしい」と、和装での人前式で執り行いました!

  • 事例紹介

    秋田ビューホテル

    「晴れ女」プランナーさんの提案力が決め手!

  • 事例紹介

    ロイヤルウェディンググループ

    近世から近代にかけての繁栄を今に伝える内蔵の歴史におふたりの時間を刻む'増田の蔵ウェディング'第一号となった徹さん・まゆみさんカップルの当日の模様をご紹介します!

結婚の準備を始める[BRIDAL INFO] 項目別に結婚情報をゲット!

  • 式場
  • ブライダルフェア
  • ジュエリー
  • ドレス・ブーケ
  • 写真・ギフト・演出
  • エステ・ヘアメイク

結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ