撮影スタイル

1.カメラマンと納品形態

会場専属のカメラマンや、外部のカメラマン、参列しているゲストに撮影をお願いしているのがほとんど。
撮影して残しておきたいのは、式後に参加できなかった知人や友人に見せたり、後々二人でゆっくり見たり、子供に見せたりできるからです。

(1)会場専属プロカメラマン

プロのカメラマンにお願いした場合、挙式会場ではベストアングルの箇所に撮影用のカメラが設置されていたり、クオリティの高いカメラで撮影されるため画質が良く、また、撮れなかったという事も、よほどのミスがない限りありません。カップルにとっては指示されています。 また、プロのカメラマンにお願いすると、撮影から編集まで一連の作業をお願いでき、全体のクオリティが高いので安心です。

(2)友人・知人・外部の業者にお願いする場合

費用がかさむので、友人にお願いしたり、外部の業者に依頼するケースもあります。 ゲストとして招待されている人が撮影する分には持込料はかかりませんが、外部の業者に発注して、披露宴に席を設けずに撮影する場合は持ち込み料がかかる場合があります。どちらが経済的かを計算して選ぶといいでしょう。
また、知人にお願いする場合と外部の業者にお願いする場合、「撮影禁止」指定や表記があるので、事前に会場担当者に確認をとりましょう。
最近はパソコンもビデオカメラも自由に編集できるので、友人・知人にお願いするケースが増えています。ただし、結婚披露宴そのものの雰囲気や、食事やお酒を充分に楽しめなかったりするので、お礼はした方がいいでしょう。

(3)納品形態と料金

納品形態のほとんどがDVDでの納品になっています。 料金は、「挙式のみ」「披露宴のみ」「挙式+披露宴」のどこまで撮影して編集するかによって、異なります。
編集の内容も式場によって異なるかと思いますが、「編集なしノーカット版」「編集ありのダイジェスト版」丁寧なところは、披露宴の進行毎にチャプタを設けて、見やすいつくりに編集しているところもあります。

EIT uC_tFAT

2.確認しておきたい内容

(1)撮影してもらいたい箇所の依頼

入場、指輪交換、ケーキ入刀などはもちろん、新郎新婦が各テーブルをまわったときに一緒にゲストと撮影してほしい、ウエルカムボードも撮ってほしいなど、細かい要望がある場合は事前に式場担当者に伝えておきましょう。

(2)撮影禁止場所

式場によっては挙式会場は「撮影禁止」など条件を設けているところもあります。 友人・知人にお願いしたのに、撮れなかった、など残念な事にならないよう事前に確認をしましょう。

EIT uC_tFAT


Bouquet特集


  • 事例紹介

    ロイヤルウェディンググループ

    2015年9月6日、プラネタリウムの満天の星空のもと誓う'スターライトウェディング'第一号となった悟さん・喜美子さんカップルの当日の模様をご紹介します!

  • クチコミ

    ゲストハウス平源

    初めての平源結婚式

  • 事例紹介

    ゲストハウス平源

    昨夏オープンしたゲストハウス平源での、初めての挙式カップルが明平ご夫妻。挙式は「蔵チャペルという和の雰囲気をゲストにも楽しんでほしい」と、和装での人前式で執り行いました!

結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ