新婦和装について

和装の種類

今の結婚式はウェディングドレスが主流ですが、ご両親の強い希望などで、和装を着る花嫁も多いです。和装の場合、着付けやヘアメイクに時間がかかります。神社結婚式のみ和装で、披露宴は洋装であれば、問題ありませんが、披露宴中に洋装→和装のお色直しの場合、中座の時間が長くかかる可能性があります。 和装の場合、基本的に小柄な人には細かな柄、身長の大きな人には大柄なものが似合う、といわれていますが、今はさまざまな柄や文様がありますから、じっくり試着をして色合いや合わせる帯、小物と、全体のバランスを考えて選んでください。

和装には「白無垢」、「色打ち掛け」、「引き振袖」があります。
どの和装も結婚式で着られます。洋装同様、純白の花嫁からスタートする事を考えると、白無垢→色打ち掛けにお色直しするケースが多いといえます。

(1)白無垢

花嫁を包む、打ち掛け、掛下、帯、小物、下着、草履など全身を白で統一した格調高いスタイル。神社結婚式の時は白無垢を着るのが一般的。白無垢を着させたいと思うご両親は多いはずです。室町時代から受け継がれている和文化。 神前結婚式では角隠しか綿帽子で頭を隠します。 最近では、裾や袖の部分に淡いピンクや赤が入ったものをはじめ、伝統の中にもモダンな趣向を凝らしたデザインもあります。

(2)色打ち掛け

鮮やかな色を使った打ち掛け。黒、緑、赤が多く、金箔を使った刺繍で華やかさがあります。正式な和装で挙式でも着られるが、一般的にお色直しで用いられています。 打掛とは、着物の上に羽織る衣を意味し、白無垢の上に羽織る純白の衣も打掛のひとつ。 挙式で使用される際は角隠しを。

(3)引振袖・引振袖(黒引き)

裾を引いた振袖の事。「お引き」「お引きずり」また「本振袖」「大振袖」とも呼ばれています。 黒引きは元々、武家の娘の結婚衣裳として用いられ、昭和30年ごろまでは最も多く着られていたそうです。引き振袖では最も人気のスタイル。 披露宴では日本髪からモダンな雰囲気の洋髪にヘアチェンジして過ごすのがいまどきのスタイル。

(4)新和装

日本の伝統文化に近代の要素を取り入れた婚礼スタイル。 かつらを着用せず、洋髪スタイルや自分の髪やウィッグを用いて自由なヘアスタイルをつくりだし、演出する事ができます。また、ウェディングドレスにも用いられるオーガンジーチュールを用いたスタイルもあり、華やかで若々しく新鮮な印象を与えることができます。

(5)十二単

日本の伝統文化の最高作品といわれ、皇室では今でも婚礼の正装として用いられています。 式場、ドレスショップで扱っている所は少ないと思います。

EIT uC_tFAT


Bouquet特集


結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ