婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)とプロポーズの必要性について

結婚後、日常的につける「結婚指輪」に対して、日常的につけない「婚約指輪」について、「必要ない」と感じるカップルが増えています。 主な理由としては、「お金が勿体ない」、「必要性を感じない」「予算がない」などがあげられます。 また、「相手に悪いから」と思っている女性もいるようです。 しかし、色々な雑誌などに目を通しても「彼氏から欲しいプレゼント」ランキングを見ても、常に上位には「ジュエリー」があがっています。そうです、女性は婚約指輪をもらうと嬉しいものなのです。嬉しくない女性はいません。 また、最近では「プロポーズ」をされないまま結婚式を迎えるカップルが多くなってきています。プロポーズは男として一つのケジメであり、お二人が結婚へと向かう大事なシーンであり、はじめの一歩です。 また、しっかりとプロポーズを受け、婚約指輪をもらった女性のお話を聞くと、「感動した」「涙が出た」「期待していなかったので感動がひとしおです」「嬉しかった」など、かなり良い反応です。 その話は、女性の友達や家族に伝わり、男性の評価・評判も高くなり、関係が良好となることも多いようです。 プロポーズしたいけど、どうやったらいいか分からない、どこで言ったらいいか分からないなどと思っている男性がいたら、ジュエリーショップのスタッフに相談してみましょう。実際に、プロポーズを応援している団体(ジュエリーショップ・結婚式場・プロデュース会社・フラワーショップ・デザイン事務所・飲食店などが加入)もあるので、気軽に相談してみてください。

EIT uC_tFAT

婚約指輪(エンゲージリング)のコスト

男性であれば、誰もが気になるのが「婚約指輪の価格」です。 ブランドやダイアの石の大きさ、など条件によって金額はまちまちだと思いますが、実際のカップルはいったいどれくらいの価格の指輪を購入しているのでしょうか?

平均価格は20万~50万円と言われています。昔テレビCM等で「婚約指輪は給料3ヶ月分」というキャッチコピーが有名でしたが、実際は給料1~2ヶ月分というのが現実です。

婚約指輪(エンゲージリング)購入スケジュール

購入ショップや、ブランド、購入形態によってもスケジュールが異なります。完成まで大体2~3ヶ月と言われています。プロポーズの時までに欲しいのか?結納の時までに欲しいのか?欲しい日によって、逆算して動かなければならないので、十分スケジュールには気を付けて検討・購入するようにしましょう。

EIT uC_tFAT

婚約指輪(エンゲージリング)の購入方法

婚約指輪の購入方法は、大きく分けて(1)既製品、(2)セミオーダー、(3)フルオーダーの3通りがあります。希望納期と予算を照らし合わせてじっくり検討してみるほうがいいでしょう。

(1)既製品
完成して店先に並んでいる指輪です。既にダイヤとリングがセットされているので価格が明確になっている事とサイズ直しだけで済むので手元に届くまで時間がかからないというメリットがあります。しかし、「ダイヤのグレードを上げたい」とか「リングを変えたい」といった要望が出来にくい事が難点と言えます。

(2)セミオーダー
各ブランドからリングとセットするダイヤのグレードを決めて組み合わせるスタイル。 この場合、リングとダイヤをそれぞれ選べますから、予算に合わせやすく、2つの重視したいポイントを選べるというメリットがあります。また、ブライダルジュエリーの専門店であれば、リングのブランドも多数ありますのでデザインも多くの選択肢の中から選べます。ブランドによっては、リングデザインを一部手直ししたり、内側に石を入れたりする事ができるので、予算を踏まえながら満足度の高いエンゲージリングを作る事ができます。

(3)フルオーダー
職人さんに、自分が思い描いている理想のオリジナルデザインのリングを作ってもらう世界にひとつしかないリングです。オリジナルですので、ダイヤのグレードも自由に選べます。デザインを職人さんに上手く伝える事ができないと、時間だけがかかります。完成まで通常1~3ヶ月はかかると言われています。また、枠の型代などの費用がプラスになる場合もありますので、スタッフの方に聞いてみましょう。完全オリジナルなので、完成まで考える時間や、制作時間がかかりますが、できた時の満足感・特別感は大きいと思います。

EIT uC_tFAT

婚約指輪(エンゲージリング)のデザイン

婚約指輪にも、さまざまなタイプのデザインがあります。



  • 石を一粒留めたデザイン。ダイヤモンドの存在感が際立ち、婚約指輪の定番スタイルとして人気。爪の有無でも印象が変わります。


  • 0.02ct前後の小粒のダイヤモンドのこと。メインの石を引き立てるサイドストーンとして使うことが多い。色のついた石を使うのも人気。


  • フランス語で「敷石」という意味。アームにメレダイヤを敷き詰めた豪華なデザイン。引っかかりが少ないので普段使いにも適している。


  • 英語で「永遠」という意味で、指輪全周に同カットの石をぐるりとセッティングしたタイプ。半周にセットしたものをハーフエタニティと呼ぶ。


  • ハートやリボン、花などをデザインしたオリジナリティあふれる、かわいらしいタイプ。ファッションリング感覚でつけることができる。

ダイヤのセッティング

ダイヤモンドをアームで留めるための方法をセッティングと呼ぶ。
好みや使うシチュエーションを考えて選ぼう。



  • 最も多いタイプ。石が爪をたてるように高く持ち上げるため、周りからの光りを取り込みやすく、ダイヤモンドをより一層輝かせることができる伝統的なスタイル。


  • ダイヤモンドを覆うようにして留める方法。表面をフラットな仕上がりにするため、引っかかりにくく日常使いもしやすい。普段使いしやすいので、日常的に着けたい方に人気。

EIT uC_tFAT


Bouquet特集


  • 事例紹介

    ロイヤルウェディンググループ

    2015年9月6日、プラネタリウムの満天の星空のもと誓う'スターライトウェディング'第一号となった悟さん・喜美子さんカップルの当日の模様をご紹介します!

  • 事例紹介

    ホテル 鹿角

    たくさんの友達や親族に参列して欲しかった結婚式
    大切な人たちに囲まれ「結婚してよかった!」を実感

  • 事例紹介

    ゲストハウスヴァレリアーノ

    ふたりの愛情がつたわるハートフルウェディング

結婚準備ガイド 人気コンテンツ

  • 初めての基礎知識

    ブーケ結婚準備ガイドでは目的・タイプ別に様々な結婚知識をご紹介いたします。

  • 婚約・結婚指輪

    婚約指輪や結婚指輪などは結婚をより特別で価値のあるものにするために欠かせない大切なアイテムです。

  • ブライダルフェアとは

    ブライダルフェアとはこれから結婚を予定しているカップル向けに、結婚式場が行うイベントの事です。

  • ハネムーン

    結婚式の次は新婚旅行です。結婚式の準備と並行して、新婚旅行についても検討します。

  • ご両親向け

    結婚は二人だけでなく、両家で決める場合が多く、ご両親・ご親族にも色々な準備が必要になります。

お問い合わせ